かんたん早分かり外壁塗装ガイド

「最近、外壁の汚れが気になってきたんだけど、塗り替えってそもそも必要なの?」「できるだけ安心してまかせられるお店に頼みたい」など、いざ塗り替えが必要なタイミングになって、知らない事ばかりでお悩みになっている方は多いかと思います。

そんな時、いろいろな悩みの相談にのってくれる業者選びはとても重要になります。

外壁塗装は、塗装後すぐに品質の判断ができず数年後に手抜き工事が発覚したり、塗装面積や塗料の価格、劣化具合などで金額が大きくかわり、費用が分かりにくいなど、素人の方には、腕がよく適性な価格の業者をみつけることはとても難しいです。

ただ、これから紹介するポイントを事前におさえるだけで、業者選びに活かすことができ、トラブルを未然に回避することができます。
外壁塗装の最低限知っておきたいポイントを確認することで、失敗のない外壁塗装を行っていただけたらと思います。

そもそも塗り替えの目的は?

周りを見てみると住宅の塗り替えをしっかりする家と全くしない家が…本当に住宅の塗り替えって必要なの?

住宅は築年数が経つと外観の美しさは色褪せてきます。
住宅の塗り替えで外観をキレイに保つことは勿論大切なのですが、本当に大切なことはもっと他にあるのです。

雨や雪や風などの自然環境要因から住宅を守っている外壁や屋根は少しずつ劣化します。
そのまま放っておけば塗装だけでは済まず大規模な修繕工事も必要になってしまいます。

外観の美しさ以上に大切なこと、それは塗装することで劣化を防ぎ雨などの侵入を防ぎ住宅を守り長持ちさせることなのです。

そうです、塗り替えは住宅を「保護」することが最大の目的なのです。

それではどのような要素が、劣化の原因として考えられるのでしょうか。

このような原因が建物を傷めます

雨や雪や風で住宅に水分が侵入すると内側から腐食します。
排気ガスは外壁を汚し雨と混ざると落ちにくい汚れの原因に。
紫外線は住宅にとって最大の敵で塗膜劣化の原因です。

築年数と塗り替えの関係

外壁

一般的に住宅の外壁塗装は新築時より10年前後が目安とされています。
サイディングボードのクリヤー(クリア)塗装をお考えでしたら、新築時より5〜10年以内に行うといいでしょう。

サイディングボードのクリヤー(クリア)塗装については、こちらの記事がオススメです。

屋根

屋根塗装は、年数より劣化の状態で塗り替えの判断を行ないます。
状態がひどくなると屋根の張り替えが必要になるため、気になる場合は、早めに相談しましょう。

塗り替えサイン

外壁や屋根の経年劣化をそのまま放っておくと躯体そのものを傷めてしまうおそれがあります。
それは、大切な住まいの寿命を縮めてしまうことにもつながりかねません。

また、劣化が激しくなってからの塗装工事というのは、様々な箇所の補修や補強が必要となるケースが多々見受けられます。

附帯工事が増えてしまうと必然的に工事代金が高額になる可能性が高く、そうなる前に“塗装のプロ”による、きめ細やかな診断が大切になります。

外壁塗装で家を長持ちさせる方法を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

外壁塗装のトラブルとは

こんな不安はありませんか?

 ・塗り替えの適正価格ってどのくらいなの?
 ・どんな人が営業に来るの? しつこくない?
 ・どんな塗装工事をしてくれるの?
 ・工事期間ってどのくらいかかるの?
 ・どんな塗料があるの?
 ・塗装後の保証はどうなっているの?

実は住宅の塗り替えは意外にトラブルが多いんです

独立行政法人国民生活センターに寄せられた住宅の塗り替えのトラブルや被害件数は年々増加傾向にあります。

何故かといいますと、まず第一に一般の方には工事の中身まではよく分かりませんので手抜き工事をされても気づきません。

また、塗装や工法に関して知識がないのは当然のことで、相場観も持ち合わせているほうが少ないでしょう。塗装工事に定価というものが存在していないのもトラブルの原因になっています。

 ・手抜き工事をされても分かりづらい。
 ・一般の方は塗料や工法について学んでいない。
 ・塗り替えの相場が分からない。
 ・塗装工事には定価が存在しない。

トラブルの事例

塗り替え工事のトラブルの事例です。
このようなトラブルが発生しないように手抜き工事についても知っておくことが大切です。
さっそく見ていきましょう!

事例1

下塗り材が塗られていないことが発覚!!

事例2

お客様から見えない箇所を塗装していませんでした!!

事例3

必要な下地処理の工程を省いていました!!

トラブルに巻き込まれないようにするには塗装工事の知識がある信頼できる業者選びが大切です。

後悔しない失敗しないポイント

後悔しない失敗しない塗料選びの5つのポイント

塗料にはさまざまな種類があり、超耐候性の無機塗料、遮熱効果がある遮熱塗料、断熱効果がある断熱塗料、サイディングの意匠性を残すクリヤー塗料、価格が安い塗料など。
塗料の機能を知ることは、お住まいに合った塗料を選ぶことが出来る近道なのです。

1. 塗り替えサイクルとコストを考えて選ぶ

塗料の性能によって塗り替えのサイクルが違いますので長い目で考えて選びましょう。

2. 耐候性を考えて選ぶ

塗料の耐候性を実験する超促進耐候性試験結果を参考に選びましょう。

3. 仕上がりのイメージを考えて選ぶ

艶次第でイメージも変わるので見本などを参考に慎重に選びましょう。

4. 外壁・屋根の基材を考えて選ぶ

外壁・屋根の基材を理解して最適な塗料を選びましょう。

5. 塗料のもつ機能を考えて選ぶ

遮熱効果・断熱効果、低汚染タイプなどさまざまな機能を持つ塗料があります。

後悔しない失敗しない業者選びの5つのポイント

信頼出来る担当者は質問に親身になって答えてくれます。
最低限以下の質問はしておきましょう。

 ・どんな会社なのか?
 ・実際に施工する職人はどのような人なのか?
 ・塗料の耐候性など性能はどうなのか?
 ・どんな方法で塗装を行うのか?
 ・保証はあるのか?
 ・施工の実績数は?

1. 塗装業者の種類を理解すること

ハウスメーカー、リフォーム会社、営業会社、工務店、専門店などさまざまです。

2. 知人の紹介だから安心はダメ

知人宅が上手に塗装できていても我が家も同じように出来るとは限りません。

3. 信頼できる担当者かをよく見極める

施工中のいろいろな相談を聞いてくれるのは担当者です。

4. 複数の業者から見積りをとる

即決はせず2〜3社から見積りをとりましょう。

5. サービス工事には注意

サービス工事といいながら他項目に上乗せしていることもあります。

塗料の種類や価格、選び方のコツを知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

塗料の性能とタイプ

塗料のタイプは、成分の違いで性能がそれぞれ違い、用途や予算に応じて選ぶことができます。
詳しく見ていきましょう。

塗料の種類と耐候性

塗料の耐候性は、タイプによっても異なります

塗料には「溶剤」と「水性」があります。さらにその中にも缶を開けてそのまま塗装できる「1液タイプ」と、主剤と硬化剤を混ぜ合わせる「2液タイプ」があります。耐候性は溶剤2液がもっとも高くなります。

塗料のタイプは大きく分けて5種類

1. アクリル樹脂塗料(期待耐用年数:約3年)

【長所】種類も多く比較的安価な塗料です。他の塗料に比べ汚れやすく期待耐用年数は劣りますが短期間で別の色に塗り替える場合などに適しています。
【短所】期待耐用年数内での防水性はありますが外壁を保護する塗料としてはあまりお勧めできません。

2. ウレタン樹脂塗料(期待耐用年数:約7年)

【長所】柔らかい性質で使いやすい塗料ですが、耐候性と性能はシリコン樹脂塗料より劣ります。細部の塗装などには適しています。
【短所】長期的な外観維持には不向きでこまめな手入れが必要です。

3. シリコン樹脂塗料(期待耐用年数:約10年)

【長所】価格と性能のバランスが良く住宅の塗り替えで現在もっとも多く使用されている塗料です。 安価な塗料に比べて耐候性にも優れておりカラーバリエーションも豊富です。
【短所】長期的な外観維持には定期的なメンテナンスが必要です。

4. フッ素樹脂塗料(期待耐用年数:約15年)

【長所】フッ素樹脂の化学的安定性により塗膜の耐候性が非常に長いのが特徴です。塗膜表面を親水性にすることで雨水などによる汚れを防止し、外観の美しさを保つことも特徴です。
【短所】価格が割高で塗膜も硬いものが多くヒビ割れしやすいので注意が必要です。

5. 無機塗料(期待耐用年数:約15年以上)

【長所】フッ素樹脂塗料の耐候性をも上回る無機塗料はガラスのような無機成分から出来ていて、メーカーやグレードにより期待耐用年数は様々です。一度塗り替えたら長期にわたり塗り替えが不要で20年や30年という超耐候性を有する塗料もあります。
【短所】価格が割高で塗膜も硬く超耐候性を有しますがヒビ割れしやすい塗料でした。
最近では短所克服のためのハイブリッド技術導入で飛躍的に進歩と進化を遂げています。
この塗料は施工技術も非常に大切です。

外壁塗装の塗料について知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

下塗りの大切さ

塗料には様々な役割がありますが忘れてはいけない一番大切な塗料!!
それは 「下塗り材」です。

下塗り材とは、住宅の塗り替えでは塗装面に一番最初に塗る塗料です。
中塗り材と上塗り材の密着性を良くするために塗装面を整えるための塗料で代表的なものにプライマー、シーラー、フィラーなどがあります。
それでは、ひとつづつ説明していきましょう。

プライマーとは

プライマーとは基材の吸い込みを均一にし塗膜の付着性をよくする役割りを果たすものです。金属部分の塗装の場合ではサビ止め材を使用します。

シーラーとは

シーラーとは基材に浸透して上塗り材と塗装面の密着性を高める役割りをします。剥離などのリスクを減らし塗膜性能を十分に発揮させるために使われる塗料です。

フィラーとは

フィラーとは外壁材にヘアクラック(細かいヒビ割れ)がある場合や下地に凸凹や段差のある場合に平滑にならすために使われる「下地調整材」のようなものです。
下地の劣化が激しい場合はシーラーを吸い込ませてからフィラーを塗る場合もあります。

近年では難密着性の外壁もあり業者が誤った診断をするとトラブルを招いてしまいます。
そのために正しい診断ができる“目”を持つ業者選びが大切です。
正しい下塗りをしなければ上塗り材の性能は発揮されません!!

難密着・難付着サイディングのことを知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

塗装工事の流れ

※工事の流れの順番は天候などにより前後する場合がございます

塗装工事には大きく分けて10の工程があります。
ここでは、それぞれ簡単に紹介していきたいと思います。

全体の流れ

1. 足場組

足場を組むことにより職人の安全を保ち塗装技術を余す事なく発揮します。

2. 高圧洗浄

屋根や外壁に付いた汚れや藻、コケ、チョーキングなどを洗い流します。

3. 養生

塗装しない部分を特殊なビニールで保護し汚れないようにします。

4. 下地調整

古い塗膜やサビを取り除き、ヒビ割れや継ぎ目などの補修をします。

5. 屋根塗装

屋根は紫外線を多く受け劣化しやすいので下塗り後しっかり塗装します。

6. 外壁塗装

基材に合わせた塗料で下塗り後、丁寧にしっかり仕上げます。

7. 軒天・破風板・雨樋塗装

屋根から雨水がつたわりやすい箇所なのでしっかり塗装します。

8. 各所仕上

細かい部分も各所丁寧に仕上げていきます。

9. 立会検査

作業終了後はお客様に立ち会っていただき塗装結果を確認していただきます。

10. 足場解体

足場解体後は綺麗に掃除します。

屋根塗装工事の流れ

外壁塗装工事の流れ

外壁の色選びのポイント

同じ色でも面積の大小で色の見え方が違ってきます。
これを「面積効果」といいます。

住宅の塗り替えの場合、色見本帳で見たときよりも実際の外壁に塗装された仕上がりの色の方が明るく感じる傾向があります。

色見本帳から選ぶときは望んでいる色よりも少し濃い目の色を選ぶと実際の仕上りの色がイメージに近くなります。

 ・小さな面積では暗く見える。(明度と彩度が低く感じる)
 ・大きな面積では明るく見える。(明度と彩度が高く感じる)

色の組み合わせ

塗り替えの場合は、工事をしても色が変わらない部分があります。
(アルミサッシ・アルミ雨戸・雨戸レール・アルミ面格子・手すり・屋根 (瓦の場合)・玄関ドア ・ 玄関まわりのタイルなど)

色選びの際には、この変わらない部分とのバランスを良く考えることが大切です。
例えば下図のようにブロンズ系の色は彩度が高い色とはあまり相性がよくありません。

外壁塗装の色選びについて知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

おわりに

今回は、はじめて外壁塗装を考える方が疑問に思うポイントや、知っておいてほしいポイントを簡単にご説明しました。

紹介していきました記事やカテゴリーから気になる記事を選んで、さらに知識を深めて、失敗のない外壁塗装を実現しましょう。

不安や失敗のない外壁塗装をお考えでしたら、ぜひ私たち「プレマスタイル」にご相談ください。

建築用塗料の開発・製造を行うプレマテックスが、本当に安心・信頼のできる優良施工店とのネットワークによるメーカー責任施工で、質の高い外壁塗装・屋根塗装をご提供いたします。