メーカー責任施工とは

プレマスタイルのメーカー責任施工についてご説明いたします。
お見積ご依頼前、ご契約前にご確認いただき、予めご理解いただきますようお願いいたします。

【プレマスタイル】動画でわかる!メーカー責任施工

プレマスタイルの「メーカー責任施工」とは

  1. 塗料メーカー(弊社)が、塗装工事を行う建物の屋根材や外壁材に適した下塗り材の選定を行うとともに、使用する塗料の使用量を責任を持って管理します。
  2. 豊富な施工実績のある信頼のおける全国のプレマスタイル加盟店と双方で責任を共有し、お客様に本当に安心のできる、最適な仕様の提案と施工を行います。

なぜ「メーカー責任施工」なのか

お住まいの状態、使われている建材、建築方法など、ひとつとして同じ家はありません。
そして、お施主様のご要望もさまざまです。

ですので、塗装工事において、最適な塗料を選択し適正な使用量で施工することは、非常に重要なことであると共に、本来守らなくてはならない“最低限の要素”であるとも言えます。

メーカー責任施工の柱に、この“最低限の要素”を掲げる理由をご説明します。

塗装工事にトラブルが多い理由

一般的に、塗料メーカーは製造した塗料を、塗料販売店(卸問屋)を介して塗装業者に販売しています。
販売店経由の販売では、塗料についての知識や塗装の技量に関係なくすべての塗装業者が塗料を仕入れることができ、簡単に塗装工事を行うことができます。
そしてまた、実際の施工に必要な塗料の使用量をきちんと塗装業者が仕入れているかどうかは、施主にももちろん、メーカーにも判断できません。


そのため以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 知識・経験の少ない塗装業者の場合、施工仕様の判断がつかない(適切な塗料の選択ができない)。
  • 技量が乏しい塗装業者が施工を行うことにより、塗料本来の性能を十分に発揮できない可能性。
  • できる限り利益を出そうと最低限の量で塗料を仕入れ、足りないときは塗料を薄めてのばしたり、塗装回数を減らすなどの手抜き施工が行われる可能性。
  • 過去の現場で残った使用期限が過ぎた塗料の使い回しや混用の可能性。

このような施工に対し、メーカーも塗料販売店も責任を持つことはありません。


塗料の流通方法については以下の記事でも詳しく紹介しております。よろしければこちらもご覧ください。

プレマスタイルの「メーカー責任施工」

塗料メーカー(弊社)と全国の優良塗装業者(プレマスタイル加盟店)とのネットワークにより、適正な塗料、適正な使用量、適正な費用、高い技術力による施工で、本当に安心のできる塗装工事を提供します。

  1. 弊社が責任をもって塗料の性能や特徴を良し悪し含め誠実にお施主様へご説明いたします。
  2. 弊社が責任をもってお住まいの状態やご要望に応じた最適な仕様を適正な価格でご提案いたします。
  3. 弊社が推奨する優良塗装業者が責任をもって施工いたします。
  4. 弊社が責任をもって正しく施工されているか塗料の使用量を管理し、出荷証明書も発行いたします。
  5. 弊社が責任をもって塗料の使用状況を管理し、塗料が不足した場合は責任をもって補填いたします。
メーカー責任施工とは

不安や失敗のない外壁塗装・屋根塗装のために

不安や失敗のない外壁塗装をお考えでしたら、プレマスタイルにご相談ください。

本当に安心・信頼のできる全国の優良施工店とのネットワークによるメーカー責任施工で、適切な塗料、正しい施工仕様による質の高い外壁塗装・屋根塗装をご提供いたします。

失敗しない外壁塗装リフォーム無料見積はこちら