塗料の艶の違いが外壁塗装にもたらすメリット・デメリットを一挙解説

塗料の艶の違いが外壁塗装にもたらすメリット・デメリットを一挙解説
塗料
塗料の艶の違いが外壁塗装にもたらすメリット・デメリットを一挙解説

塗り替えを検討の際にこんな色にしたいと考える方は多いと思いますが、艶に関してはどうでしょうか?

「艶に関してはあまり考えてもいなかった」「そもそも何を基準に決めてよいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

前回、外壁塗装の色あせのスピードは「色」によって大きく変わるため、色選びは塗装をする上で重要な要素であるということをお伝えしました。

実は、色選び同様、塗料の艶に関しても、塗膜の寿命を左右する重要なポイントがあります

今回は、外壁塗装の塗料の艶について、艶の種類や艶の違いがもたらすメリット、デメリットについて塗料メーカーの視点から解説いたします。

外壁塗装の艶の種類について

塗料は艶の度合で段階が分類されています。

例えば弊社塗料であれば「艶あり」「半艶(5分艶)」「3分艶」「艶消し」の4段階です。
ここに「7分艶」を加えた5段階のメーカーもいます。

すべての塗料が、これらの艶すべてから選べるという訳ではありません。
塗料によって選べる艶は決まっており、各塗料の製品カタログやホームページなどで確認できます。

多くの塗料が「艶あり」で作られている

リシンやジョリパットははじめから艶のない仕上がりの塗料ですが、外壁塗装や屋根塗装に使われる塗料は、元々のベースが艶ありで作られる場合が多いです。

先ほど述べたように、艶は4段階(メーカーによっては5段階)に分類されています。
では、艶ありの塗料からどのようして「半艶」「3分艶」「艶消し」などを作っていくのか(艶調整といいます)、その方法について解説します。

艶調整はどのように行っているのか

塗料の艶調整は、艶ありの塗料に艶調整剤という添加剤を混ぜて、艶を調整しています。

艶調整剤は無機顔料の一種である微粉末状のシリカなどが原料として使用されていますが、この艶調整剤を塗料中に分散させることで塗膜表面に細かな凹凸を作り、光(太陽光)を乱反射させ、艶が消えたように見せています。

艶調整剤の配合量によって艶を調整していきますが、相当量を添加しないと艶消しの効果があらわれにくいという難点があります。

艶調整剤は塗料の耐候性に影響する

冒頭でも触れましたが、艶の度合いは塗膜の寿命、耐候性に大きく影響してきます。

わかりやすくイメージしていただくために、塗料缶の比較図をご用意しました。

外壁塗装で使用される塗料は、主に「樹脂」「溶媒」「顔料」「添加剤」の4つの成分で構成されています。

左の一斗缶が艶調整なし=艶あり塗料のイメージです。
右の一斗缶が艶調整剤を加えた艶調整後の塗料のイメージです。

ひと缶に入る容量は、艶あり塗料も艶調整した塗料も一緒です。

ということは、艶調整された塗料は、艶調整剤を添加する分、樹脂の配合量を減らさなくてはいけません

樹脂は、塗料(塗膜)の耐久性や耐候性の目安となる、もっとも重要な成分です。

樹脂の量が減るということは、塗膜の耐候性が落ちることを意味します。

艶あり塗料もうひとつのメリット

艶あり塗料は、耐候性にすぐれているだけでなく、汚れにくいというメリットもあります。

先に述べましたように、艶調整剤は塗膜の表面に細かな凹凸を作るため、汚れが付着しやすくなります。

艶あり塗料の塗膜表面はツルツルして滑らかなため、チリやホコリなどの汚れが付きにくく、長期的に塗り替え後の美しさを保つことができます。

艶調整塗料にもメリットあり

ここまでの説明ですと、艶調整塗料にはまるでメリットがないように感じてしまいますが、一番のメリットは自分好みの仕上がりを選べるということでしょう。

光沢のある仕上がりを好まない方は、艶調整をすることで光沢を抑え、落ち着いた印象の外観にすることができます。

また、和風家屋のように艶を落とした方が調和の取れる建物もあります。

ピカピカした外観では周辺環境との調和が取れないという場合にも、艶調整を選択することがあります。

おわりに

外壁塗装の塗料の艶について、艶の種類や艶の違いがもたらすメリット、デメリットについて解説しました。

色選び同様、艶調整によっても耐候性や機能に違いが出てきます

ですので、外壁塗装を成功させるためには、色選びだけでなく、艶選びも重要であるということがおわかりいただけたかと思います。

塗料メーカーとしては、塗料の性能を落とすことなく、お住まいの美観を長期的に保つことのできる艶ありを選んでいただくことをおすすめします。

ですが、艶を抑えることで仕上がりや外観の印象を変えることができますので、何を重視するかを考えていただければ、艶の選択も決まってくるのではないか思います。

まだ艶をどうするか決めかねているという方は、塗装業者まかせにせずに、ぜひ本記事を参考にしてください。

お問い合わせ

    お問い合わせ内容を入力してください。

    お問い合わせ内容を確認の上、送信ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせ内容必須
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    住所必須
    備考欄任意

    プレマテックス株式会社(以下、「弊社」)は、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。
    弊社は、個人情報を保護し、お客さらなる信頼性と安心感をご提供できるように努めて参ります。
    弊社は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いを遂行致します。

    1.個人情報の取得について

    弊社は、不正な手段による個人情報の取得は一切行いません。適正な手順により個人情報をお預かり致します。

    2.個人情報の利用について

    弊社は、個人情報を以下の利用目的の範囲内で利用致します。
    以下の目的以外で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

    • (1)お見積のご依頼・ご相談等に対する回答及び資料送付
    • (2)ご注文いただいた商品の発送
    • (3)弊社各種商品・サービスに関する情報提供

    3.個人情報の安全管理について

    弊社は、お客様の個人情報を安全かつ適切に管理・運営するように鋭意努力しております。
    個人情報への不正アクセス、破壊、改ざん、紛失、及び漏洩などに関して、予防措置を講じております。万一、問題が発生した場合は速やかに是正措置を実施致します。

    5.個人情報の開示・訂正等について

    弊社は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。
    個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。
    弊社の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

    • 【 連絡先 】 プレマテックス株式会社
    • 東京都江東区有明3-5-7 TOC有明ウエストタワー
    • TEL.03-5728-9221
    • FAX.03-5728-9223
    • E-mail:info@prematex.co.jp

    6.情報管理責任者

    弊社は、渡邊 衣里子を個人情報管理責任者とし、個人情報の適正な管理を実施致します。

    7.本方針の変更

    本方針の内容は変更されることがあります。変更後の方針内容につきましては、当サイトに掲載された時点から施行されるものとします。

    上記、個人情報の取り扱いについてご一読のうえ下記の【内容確認】ボタンを押してください。

    「個人情報の取り扱いについて」をご一読のうえ下記の【内容確認】ボタンを押してください。

    プレマスタイル